本文へスキップ

福島友の会は福島市にある「衣・食・住・家計・子育てのことなどを学び合う団体」です。

お問い合わせはTEL.024-534-9210

〒960-8112 福島県福島市花園町2−29

子どものこと子どものこと

店内イメージ

 友の会は、子どもの「よく生きる力」が、家庭と人とのつながりの中で、育まれることを願っています。

 福島友の会には、子育ての先輩たちが大勢います。先輩たちとの会話の中で、心がふっと軽くなるような子育てのヒントを見つけられるかもしれません。




友の会で大切にしているもの 〜子どもと親がともに育つ〜

【 よく生活すること 】
 親が子どもに伝えられることは、何でしょうか。先輩のお母さんたちに聞くと、「よい生活習慣」があがります。服をたたむなどの身の回りのこと、おもちゃの片付け、挨拶やお手伝いなど。子どもはできたり、できかなったりを繰り返し、成長していきます。


 ときには楽しい仕掛けを作って、子どもがわかりやすい予定表を一緒に立ててみたり、ときには先輩たちに相談して方法を教えてもらったり。親も子も、上手くいったらともに喜んで、上手くいかなかったら、新しい方法を考えていくのがいいですね。


【 小学生のおこづかいちょう 】
 お子様が、小学生になって計算ができるようになったら、『おこづかいちょう』をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。『おこづかいちょう』に、もらったお金、つかったお金を記入すると、手元にいくら残っているかがわかります。


(婦人之友社の『小学生のおこづかいちょう2020年版』)

はじめは、「慣れる、楽しむ」を目標に使ってみるのがいいかもれませんね。自分の大切にしたいものを考え、ものごとの優先順位をつける機会にもなります。




一緒に学びませんか

 友の会は、子育て中のお母さん、お父さんを応援しています。育児中でも安心して会にご参加いただけるよう、定例会や「家事家計講習会」には託児があります。託児がない場合でも、お子様連れを歓迎しています。地域ごとのグループ(最寄会)や講習会などにも、ぜひお子様とご一緒にいらしてくださいね。

福島友の会で、「子どものこと」について、学べる場を紹介します。


【 地域ごとのグループ(最寄会) 】月1〜2回
 福島友の会の地域ごとのグループ(最寄会)では、次のようなことを学び合っています。

・子どものための料理
簡単で手軽なおやつやお弁当作りのコツなどを学んでいます。

・生活習慣作り
「子どもが自分で服やモノを管理できるようになるための仕掛けづくり」を学びあったりしています。ある家庭ではかごを用いて、幼児期から自分で身支度ができるように段階的に取り組んでいます。脱いだパジャマをかごに入れることから始まり、少しずつレベルアップさせています。 また「子ども服の数は、何着が適量なのか」を考えています。

【 子どもお手伝い塾 】 年1回(夏)
 子どもたちに「家事って楽しい」と思ってもらえることを願って企画しています。対象は、小学生以下のお子さんとその保護者さんです。子どもたちが中心となって「料理」や「手仕事」ができるように、プログラムを組んでいます。絵本の読み聞かせの時間も設けています。
 2019年夏は、子どもたちがピザ作りに挑戦しました。また手仕事として、それぞれが「自分のくつした」を洗ってみて、「手洗い方法」を学びました。


 
 (写真は2018年の「子どもお手伝い塾」の様子。この年は、小学生がカレー作りに挑戦しました。スーパーでの買い出しも、子どもたちが主体となって行いました)

 今年度の予定は⇒こちら(年間行事予定)


【 かぞくのじかんカフェ 】 年4回
 雑誌『かぞくのじかん』は、子育て中の家庭生活を応援していくことを目的に、2007年秋、婦人之友社から創刊されました。

 「かぞくのじかんカフェ」は、雑誌『かぞくのじかん』のファンのための集まりです。雑誌をテキストにしながら、感想を共有したり、困っていることを語り合ったり、調理の実習等も予定しています。少人数の気軽なカフェですので、どうぞ足をお運びくださいね。
 今年度の予定は⇒こちら(年間行事予定)




information

スタッフ写真

〒960-8112
福島県福島市花園町2−29
TEL.024-534-9210
FAX.024-534-9210
(火曜)10:00〜15:00に対応
それ以外は留守番電話です

→mail
→アクセス